2018.07.09

民泊新法ホストのご紹介@渋谷

2018.07.09

民泊新法ホストのご紹介@渋谷

【取材レポート】2018年7月5日

STAY JAPANへの掲載ご希望の民泊新法で届出を済まされたホスト様を紹介いただき、先日取材にてホスト様の御宅を訪問しました。Ushka Wakelin (ウシュカ)さんというニュージーランド国籍の方で、日本に住んで数年になるそうです。とても気さくな方で、終始お部屋のご案内や民泊を始めたお話を楽しく聞かせていただきました。

 

ウシュカさんは、1年ほど前にこちらの小田急線参宮橋駅徒歩8分ほどの土地に一戸建てを建てられた時、「両親が日本に遊びに来る時に自宅で一緒に暮らしてもらう」ために1階にゲストルームを作ることにしたそうです。しかしながら、1年間ずっと両親がいらっしゃることもないので、どうせ空いているんだからということで民泊を始められました。1階が民泊用のスペース、2階と3階がご自宅スペースとなっています。

こちらがご自宅の外観です。とてもおしゃれですね。

 

民泊のお部屋のご案内へ・・・

一見なんの変哲もない民泊のお部屋のように見えますが、このお部屋の至るところにウシュカさんの工夫と心配りとおもてなしが溢れているのです。

 

冷蔵庫の中には、ウェルカムドリンクのお水のみならず、缶コーヒー、缶ビール、緑茶、牛乳、和風のゼリーなど色々なものが用意されています。そして冷凍庫にはなぜかガリガリ君ソーダ味。これらは全てウシュカさんのサービスだそうです。無料というか宿泊料金コミコミというか、気前が良いですね。

他にも、ネスプレッソは言うに及ばず、戸棚にはレトルトご飯、食パン、紅茶、味噌汁の素などあらゆるものがゲストに無料で提供されています。もちろん賞味期限もチェックしていますので、手に取らないゲストが何組も続いたら新しいものに交換して古いのはご自身で利用されるそうです。

ちなみに「なぜガリガリ君なんですか?」と聞いたら「息子が大好きなのよ!」とのこと。

 

洗面所には洗濯機があるのは当然ですが、洗剤やシャンプー類はもちろん、その他あらゆる洗面用品が揃っていると言っても過言ではありません。メイク落とし、フェイスパック、蒸気でアイマスク、洗顔クリーム、爪やすり、アロマ、マニキュア等々。

これらも全部「私が日本で良いと思った製品を置いてあげているの!」というおもてなし。

 

客室のサイドテーブルに、これまで泊まったゲストがびっしり書き溜めてくれたゲストノートが。泊まったゲストが実際に行って面白かったオススメの観光スポットやグルメ情報を書いてくれていて、次に泊まるゲストにとってゲストノートが一番の地元の観光案内になっているそうです。

「私は日本のことはあまり分からないから、旅に来ているゲストが体験して良かったところをオススメするのが一番よね」とのこと。

 

1階はゲスト専用スペースとなっており、居室内にはキッチンがあり、廊下に出ると洗面所、お風呂、トイレがあり、ホストのウシュカさんと設備を共用する必要はほとんどありません。これも元々は、ご両親が長期滞在する間でも適度な距離感とプライベートを保てるようにという配慮で設計されたそうですが、ホームステイ型の民泊にはもってこいの設計と言えます。

1階から2階に上がる階段にはスライド扉が設置されていて、ゲストが間違えてホストの自宅部分に上がってしまわないようになっています。(ただ、これまで鍵をかけたことはないそうです)

 

看板猫のPippin君。猫好きなゲストは触れ合うこともできますし、そうでない方は勝手に1階に降りていかないように1階の階段の扉を閉めておいてくれます。筆者は大の猫好きなので取材の日に遊んでもらいました。知らない人にも全然怖がらない好奇心旺盛な猫ちゃんです。

 

ゲストに配っているメッセージカード。とてもセンスが良くて可愛いです。

 


ウシュカさんはとても明るい方で人付き合いも良く、町内のお祭りなどにも率先して参加されたりしているそうです。今回、住宅宿泊事業法の届出をする際にも事前に町内会長さんに説明に行かれ、大変好意的でスムーズにご理解いただいたそうです。とかく都会の民泊というと騒音問題、ゴミ問題などでネガティブに取り上げられがちですが、ウシュカさんの民泊はまさに真逆です。近隣とも調和し、ゲストに喜ばれ、自分自身も楽しみながらゲストを受け入れて日本を紹介したり交流したりしている、まさに理想の民泊の形のひとつです。こういう民泊が増えていけば旅を通じてもっと地元の人々との交流ができるようになり、外国人の旅行者にとってもより旅の醍醐味が増すのではないでしょうか。

今は比率で言うと欧米系のゲストの方が多いそうですが、もちろん日本人も歓迎です。

「あまり日本語は上手じゃないけど片言ならしゃべれるから心配しないで!英語の練習をしたい日本人のゲストさん大歓迎よ!」

Pippin's Inn ご予約はこちらから

シェアする

言語選択

検索

記事を探す