Find my spot~おすすめの農泊地域7選~

あなたのお気に入りの場所を探しませんか?

日本には、観光地としては知られていない魅力あふれる地域がたくさんあります。歴史や文化に触れ、住民の方々と交流し、地元の郷土料理を食す、地域に溶け込んだ旅。

そのすべてを叶える答えが、「農泊」です。

何度も訪れたくなる自分だけの「場所」を見つける。
まずは、地域に出会う旅をしてみませんか。

おすすめの農泊地域7選

1.【徳島県美馬市】 四国版「エコ×農泊ツーリズム」で大人も子供も大満足の旅

なんといっても、この透明度の高い川が最大の魅力。近くには登山・トレッキングスポットやサイクリングなど、自然をまるごと楽しめるアクティビティも満載。
星空のきれいな里で、地域のお母さんの手作り郷土料理を食べて、「大人も子供に帰れる」最高の夏休みはいかがですか。

美馬市の紹介ページはこちら

2.【福井県越前市】 伝統文化の息づく町で「衣食住」の暮らしを学ぶ

越前には、和紙・漆器・陶器・刃物、最近では眼鏡など暮らしの中に受け継がれた手仕事が息づいています。福井県はコシヒカリの発祥の地として全国でも有数のコメどころで、農家民宿の多くが作る自家用のお米は絶品。
食と文化をじっくり味わう大人農泊をぜひ。

越前市の紹介ページはこちら

3.【熊本県人吉球磨】自然に囲まれた「隠れ里」で心のこもった手作りのおもてなし

熊本県最南部の山に囲まれたところにある人吉郡・球磨市。
都会では味わえない色濃い四季の移り変わりや、豊かな自然に育まれた米・野菜・果物を採れたてで食す贅沢な食卓。
丁寧な暮らしをひと時味わうことで、普段の生活のヒントを見つけることができるかもしれません。

人吉球磨の紹介ページはこちら

4.【広島県東広島市】日本有数の「日本酒」の町でお寺での宿坊体験を

新幹線「東広島駅」から20分、「広島空港」から30分の好立地にある安芸国分寺が2019年春より、宿坊をオープンしました。
精進料理をはじめ、座禅・写経・護摩行などお寺ならではの体験が可能。
安芸国分寺のある西条は日本有数の日本酒の町としても知られ、宿坊体験のあとに酒蔵めぐりもおすすめです。

安芸国分寺の紹介ページはこちら

5.【岩手県遠野市】家族のように迎えてくれる「永遠の日本のふるさと」に溶け込む旅

土地に伝わる昔話や言い伝えを記した説話集『遠野物語』の舞台となった「永遠の日本のふるさと」ともいわれる遠野地方。
景色もシンプル、人もシンプル、と地域の方がおっしゃる通り、都会の喧騒に疲れた方が、心をほっとリセットできるような特別な空気が流れています。

遠野市の紹介ページはこちら

6.【青森県弘前市】観光×グリーンツーリズムを満喫できる盛りだくさんの旅

桜の名所として外国人に大人気の弘前城や、真夏の風物詩「弘前ねぷたまつり」などイベント・観光スポットに事欠かない弘前は、「りんご生産量日本一」としても有名なまち。
農家民宿に泊まると、一面のりんご畑が広がる地域での農業体験や、りんごを使ったジュースやパイなどを作る体験を楽しめる宿も。
四季を通じて、農業・料理・文化・まつり・雪など様々な体験ができるので、何度も訪れたくなる魅力に溢れています。

弘前市の紹介ページはこちら

7.【福島県二本松市】東京から車で3時間!有機農業の里山で、ふらっと週末農泊がおすすめ

福島県二本松にある東和(とうわ)地区は、「有機農業の里」として知られる里山です。
距離が近い地区内に24軒の農家民宿があり、協力して農家民宿を営んでいます。
オーナーさんのキャラクターや宿の特徴などバラエティ豊かですので、いくつか泊まってみてお気に入りの一軒を発見するのも楽しいと思います。

二本松市の紹介ページ(前編)はこちら

二本松市の紹介ページ(後編)はこちら


あなたの行ってみたい!と思う「場所」はありましたか?
都会の喧騒から離れて、ゆったりとした時間に身をまかせ、地域に暮らすように滞在する新しい旅行スタイルである「農泊」。
まずは旅の計画からはじめてみませんか。

シェアする